HOME >  アパート経営の落とし穴 >  傍から見えないリスクについて

傍から見えないリスクについて

失敗やリスクという言葉は誰だって、あまり好きではないですよね。でも、リスクがあるからリターンがあるのです。そう、リスクをしっかり把握することこそが、リターンを得るための出発点です。

不動産投資に特有の注意ポイント

こちらではアパート経営に伴う、不動産投資ならではの様々なリスクを説明します。

すぐに現金にできない(流動性の低さ)

不動産は、金融資産(預貯金、債券、株式)などと比較し、流動性が低い資産です。すぐに現金化できません。売り急ぐと、売却価格も低くする必要があり、損失につながる可能性が高くなります。

不動産価値が低迷する値上がりしたタイミングで売却し、短期的な売却益(キャピタルゲイン)を狙うというよりも、将来的な収益(インカムゲイン)を追求するのが、アパート経営の基本的な考え方になります。しかし、少子高齢化が進む中で、需要よりも供給のほうが多くなりがち。かつてのバブル期のように、不動産価値がいっせいに急上昇することが考えにくい環境です。購入時に物件の立地や条件を吟味することが、一層重要になります。

古くなる、壊れる

年月が経過していくと、建物の老朽化を避けることができません。設備が破損したりした場合は、オーナーが対応する必要があります。また、物件によっては、大規模な修繕が必要となることもあります。

借り手がいない(空室になる)

人気エリアのワンルームですと、比較的安心ですが、借り手がいない状態=空き室になるリスクを考慮しておく必要があります。頼りになる不動産会社なら、入居者募集の面でも強力にフォローをしてくれます。これらのことも加味して物件を選びましょう。