HOME >  アパート経営の落とし穴 >  手ごわい管理業務

手ごわい管理業務

アパート経営には、多様で煩雑な管理業務が伴います。別の仕事を持ちながら、すべての管理業務を自力でこなすことは、時間的・物理的にとうてい不可能です。

管理会社に任せて、本業に集中

一般的には、管理会社に任せるのが妥当だと思います。ここでは、管理会社がどんな業務を引き受けてくれるのかを紹介してみます。

入居者募集

不動産情報サイトに広告を出稿したり、独自のネットワークを活用するなどして、入居者の募集をしてくれます。さらに契約前に、入居者や保証人の審査などもしてくれます。 <契約>契約書作成をはじめとする専門的な手続きを丸ごと代行してくれます。

家賃管理

家賃の入金管理をしてくれます。家賃滞納への対応もスピーディにしてくれます。そして、更新時には、近隣の家賃相場をベースに新しい家賃の交渉もしてくれます。また、退室時には、敷金の返還などを代行してくれます。

クレーム対応

各種トラブルや苦情への対応を、任せることができます。「排水管が詰まった」といった設備の不具合についても、電話一本で管理会社が対応してくれます。このようにトラブルをいかにスムーズに解消するかは、オーナーとしての責任ですし、入居者満足度という観点からも非常に大切。「よいアパート経営は、よい管理会社から!」です。

その他の業務

定期清掃、建物の定期チェック、修繕、消耗品(電球)の交換などについて、業者の手配をしてくれます。 これらに対応するのは、考えただけでも大変そうですが、心配は無用です。管理会社に任せておけば、自分は報告を確認するだけで、アパート経営を楽々こなすことができます。気になる費用の方は、私の場合ですと、毎月の賃料の5%となっています。これだけの負担で、私は本業に専心するかたわらで、スムーズにアパート経営ができるわけですから、皆さんにも管理会社の活用を強くおすすめします。