HOME >  アパート経営の魅力を語る >  成功への鍵は利回り

成功への鍵は利回り

アパート経営の成功に直結する重要キーワードが、利回りです。利回りとは、アパート経営のために投資(アパートの購入費など)した額に対して、どの程度の利益(家賃収入など)を収めることができるか、ということです。

物件選びの基本です

利回りが高いほど回収率が高まり、利回りが低いほど回収率も低くなります。ちなみに、アパート経営関連のサイトを調べてみると、10%の利回りを確保することが基本とされていることがわかるはずです。

一般に、10%を下まわると投資の回収が困難になることが多いとされています。ですから、(特に初心者の場合は)高い利回りの物件を選ぶことが鉄則ではないかと思います。しかし、地域によってもどういった物件を選ぶべきかは異なります。地方では、利回りが高くても回収できないケースがあるためです。逆に、都市では利回りが低くても回収できる場合もあるので、見極めが大切です。

また、利回りと言う言葉には何種類もあるということ点も覚えておいてください。各アパート物件についての情報や広告を見る場合は、次の二つのどちらの利回りなのかに気をつけましょう。

  • 表面利回り=年間収入÷不動産投資×100
    単純に年間の家賃収入を物件価格で割って出てくる数字です。諸経費を計算していませんので、高くなります。
  • 実質利回り=(年間収入-保有に伴う経費)÷(不動産投資+購入に伴う経費)
    いろいろな経費を考慮に入れた、文字通りの実質的な利回りです。この実質利回りが、現実の収益力として、アパート経営を考える基準となります。