HOME >  アパート経営の魅力を語る >  年金・税金との関係

年金・税金との関係

アパート経営の魅力は、利回りを得ることだけではありません。年金、税金といったライフプラン、マネープランの面で、実にさまざまなメリットが期待できます。

個人年金とアパート経営

少子高齢化が進む中で、公的な年金制度への信頼が揺らいでいます。そうした中で、アパート経営による年金対策に注目する人が増えています。ローンを返済してしまえば、家賃収入が年金のような安定収入になります。

この家賃収入というのは、「インフレに強い」という点も一般の年金にないメリットといわれています。家賃というのは、その時代の物価に連動するものだからです。さらにアパート経営には、アパート経営ならではのとても嬉しいポイントがあります。アパートという資産が自分のものになることです。豊かな生活の基盤をつくることができます。

税金とアパート経営

まずは、相続税の節税効果について紹介します。相続税の評価額というのは、固定資産税の評価額です。アパートで相続する場合、以下による節税効果が期待できます。

  • 貸家建付け地収益物件としての評価減
  • 小規模宅地収益物件の評価減
  • 建物の固定資産税評価との差による評価減

またアパート経営には、所得税や住民税の節税効果もあります。アパート経営は、事業経営です。収入から、諸経費を差し引いて、税務的な処理をすることができます。アパート経営の差し引きが赤字になった場合、他の所得から差し引くことにより、所得税や住民税を抑えることができます。

会社からの収入とアパート経営による収入を通算して確定申告することによって、税金対策(還付金を得る)をする。これがサラリーマンの間でアパート経営人気が高まっている秘密です。