HOME >  アパート経営の魅力を語る >  他の資産運用法との違い

他の資産運用法との違い

一口に資産運用といっても、いろいろな種類があり、それぞれのリターンやリスクの性質に違いがあります。

貯金や株との違い

代表的な資産運用方法と比べてアパート経営にはどんな特徴があるのかを把握しておきましょう。

銀行に預ける(預貯金)

超低金利が続き、リターンという面の魅力は乏しいといえます。また、ペイオフ(銀行が破綻した場合、預金者一人あたり1000万円とその利息までしか保護されない制度)が解禁されたりしています。ですから、リスクの面でも、銀行の安全神話が健在だった頃とは変ってきていると見るべきでしょう。さらに、現金を保有するわけですから、長期的に見た場合、「インフレが起きると価値が低下してしまう」というリスクもあります。

金融商品を買う(株式・債券・投信)

大きいリターンが期待できる一方、リスクも大きい方法です。ある程度の「まとまった資金」と経済や為替などの専門知識が必要になります。同時に、刻々と変化する相場をリアルタイムにチェックし、迅速な投資判断を下すということも求められます。私個人の意見ですが、株式や投信といった金融商品を自身の資産運用の柱に位置づけることは、一般の人にとってかなり難しいと思っています。

 アパート経営をするメリット

少ない資金で始めることができ、長期にわたり安定した収入が得られるリスクの少ない資産運用方法といわれています。もちろん基本的な知識は勉強すべき!ですが、株式のようなレベルまではプロフェッショナルな知識が要らない点も、おすすめのポイントです。