HOME >  アパート経営で失敗しないために >  物件選びのアドバイス

物件選びのアドバイス

物件選びには後悔しないためのコツがあります。アパート経営の主役になるのは、いうまでもなく物件です。物件は、あなたのアパート経営の商品そのものです。

契約後には、やり直せない物件選び

絶対に後悔しないために、物件のどんなポイントを見ておくべきか?についてまとめてみました。

 立地

アパートの立地とは、日当たりや眺望や周辺環境のこと。特に駅からの距離は重要です。JR・私鉄の駅から10分圏内にあるのが、よい立地といわれる基本条件です。さらに、大型スーパー、大学、役所、商店街、医療機関等が近所にバランスよくあれば、多くの人にとって魅力的な立地といえます。

将来性

数年後に新たに駅ができる予定があれば、メリットが期待できます。また、大きな空き地や駐車場が目についたなら、大規模な施設ができる可能性があります。物件価値に影響する事柄ですから、どんな計画・予定があるのか是非調べてみるべきです。

中古物件と新築物件

中古物件は、購入価格を抑えられ、利回りも有利とされています。しかし、老朽化の心配があります。購入時には想定していなかった修繕・改造費がかかってしますことも少なくありません。水周りを中心に、設備や機器のチェックを念入りに行なう必要があります。

新築物件は、中古に比べて購入価格も高く、利回りも低くなります。しかし、「最新の設備を備えている」「当面は修繕費用がかからない」というメリットもあります。さらに、建築基準法、耐震性という面の心配も少ないといえます。

ワンルームとファミリータイプ

ワンルームタイプのものとファミリータイプのものでは、人気のある立地条件が異なりますので、注意してください。単身生活者が暮らすワンルームタイプは、周辺に商業施設が多いほうが喜ばれます。一方、ファミリータイプは学校や病院といった、公共施設が重視される傾向があります。

どんな街にどんなタイプの物件を選ぶにしても、共通して重要となることがあります。それは、「購入前に必ず下見をする!」ということ。ちなみに物件の下見というのは、雨が降っている日がよいとされています。雨水や雨が降っていることによって、アパートの状態がより正しく確認できるからです。例えば「ベランダの雨水がうまく流れない」といった欠点が、あらわになります。必ず、雨の日に下見することをおすすめします。