HOME >  アパート経営で失敗しないために >  良い不動産会社を見極める

良い不動産会社を見極める

アパート経営に成功するには、良い不動産会社を選ぶこと!これは、誰もがフムフムと感じるところでしょう。でも、不動産会社と呼ばれるところと今までそんなに付き合いがあるわけでもないし…具体的にどこを見ていいのか、よくわからないですよね。

パートナー探しで大切なポイント

ここでは、「アパート経営のパートナーとしての不動産会社」について、私の経験を元に説明したいと思います。

何より正直であること

アパート経営に限らず、投資や事業運営と呼ばれる行為には、メリットだけでなくデメリットも必ず伴います。いい面ばかりでなく、将来のリスクを含めた悪い面も、しっかりと教えてくれて、総合的なアドバイスをしてくれる会社こそが、「信頼できるパートナー」といえます。

強引なセールスをしないこと

要りませんと断っているのにしつこくセールスをしてきたり、「それ自分でできるの」と言いたくなるような無理な資金プランを提案してきたり。そうした強引な営業をしない会社こそが信頼できると考えます。

利回りばかりを強調しないこと

安定して入居者を獲得できる物件をすすめてくれるのが正しい姿勢だと思います。経営者としては、確かに利回りは気にかかるところ。しかし、やたらと利回りの話だけをする会社は、要注意です。

アパート経営の専門家であること

アパート経営は、それぞれに条件が異なりますから、経験が物を言います。いろいろな物件を手がけたアパート経営のプロといえる会社であれば、自社の都合ではなく、あなたのニーズに合った物件や収支計画を提案してくれるはずです。

きめ細かなサポート体制があること

空室対策や管理・運用についてはもちろん、資金調達や税金対策など、専門的な事柄について的確なアドバイスがしてもらえなくてはパートナーとして頼りになりません。私個人としましては、「一人の顧客に対して、一人の担当者が責任を持ってサポートする体制」の会社が理想です。

賃貸管理が任せられること

不動産会社自体の質はもちろんですが、しっかりとした管理会社とタイアップしていることも重要です。サラリーマンが本業のかたわら、アパート経営に伴う様々な管理業務(入居者募集、契約、家賃管理、クレーム対応etc)をこなすことは困難です。

ほとんどの人が管理会社と契約することになります。日常の清掃やメンテナンスといった管理業務は、物件(あなたの資産)の価値を維持する重要な業務です。いいかげんな会社には任せておけません。